葬儀の形の変化なら

葬儀の形にみられる変化は

葬儀のかたちにみられる変化とは

社会の変化に伴って、葬儀のかたちにも変化が見られるようになってきました。従来のような、参列者の多い式ではなく、家族や親しかった方だけで小規模に行う「家族葬」、墓石ではなく樹の下に遺骨を埋める「樹木葬」、海や山などに粉末状にした遺骨を撒く「散骨」など、葬儀の多様化が進んでいます。この変化は、核家族化や働き方の多様化など、人間関係のあり方が変わってきていることや、多額の費用をかけることに対しての疑問など、様々な要因が重なって起こっているものと考えられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved