葬儀についてのマナー

葬儀の大切なマナーとは

安心に旅立ってもらうための葬儀

葬儀は天国へ旅立つ故人との最後の別れの場といえます。お世話になった方との別れを悲しみの中でも、安心して見送るために、マナーというのはとても大切になります。感謝の気持ちを述べて、天国から温かく見守ってもらうためにも、きちんとした方法で葬儀を執り行いましょう。亡くなった方への礼儀を尽くすことこそが、残された人たちの心を浄化することにもつながります。参列した方々にも悲しみと感謝の気持ちを持ってもらうためにも、知っておくべきことをまとめました。

様変わりする葬儀の内容と今後

葬儀は、亡くなった人の生前を偲び、あの世へしっかりと送り出してあげる大切な儀式です。一昔前は人との繋がりが親密であり、親族の数も多かったことから、割と大掛かりな規模で行うことが普通でしたが、近年の家族形態や高齢化社会などの背景から、その内容にも随分変化が見られるようになってきました。たとえば、出来るだけ規模を小さくするために、親族および特に親しかった関係者のみで行うものや、密葬などが挙げられます。このような傾向は今後も続き、一人一人に合った内容の葬儀が行われていくでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved