葬儀での香典マナー

葬儀での香典について

葬儀の香典のマナーについて

葬儀の参列をする際、取り急ぎ駆けつけた通夜では香典の用意ができていなくても大丈夫です。翌日の告別式で渡したい場合などは記帳のみで済ませておきましょう。しかし用意は無理にしなくても良いですが出来るだけすることが礼儀です。そのため用意できる場合はふくさに含んだまま手に持つことがマナーとなっており、香典袋をむき出しにして持つのはマナー違反となります。不祝儀用のふくさの色は紫、緑、藍、グレーなどがあり、葬儀と結婚式の場合を混同しないように注意してください。このようにルールがいくつかあり間違えるととても失礼なことになる危険性があるため注意しましょう。

お通夜と葬儀、香典はどちらか

お葬式と言ってもお通夜と葬儀があり、両方参列する予定の人はどのタイミングで香典を渡すのが正しいのでしょうか。もちろん両日、つまり2度出す必要はありませんし、出してはいけません。ただし、芳名録は2度とも記帳します。明確な決まりはありませんが、本来はきちんと準備して参列する葬儀の方で渡すのがマナーとされていました。しかし地域性や、近所の人に合わせるなどの事情もあることから、最近はどちらであってもタブーとはされない傾向にあります。不安な場合は、通夜の時から持参しておき、その場でどちらが多いのかを見て決めると安心できるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved