葬儀での身なりは

葬儀での身なりについて

葬儀に参列する際の身なり

葬儀の参列の身なりは基本的に男性も女性も喪服が基本となっています。ただし通夜の際は男性はブラックスーツやダークスーツでも可能でネクタイや靴下を黒にまとめる必要があります。腕時計や結婚指輪を除くアクセサリー類は基本的に外すように心がけましょう。女性の場合は黒か地味な色とデザインのワンピースやスーツでも可能です。先ほど地味な色やデザインであれば大丈夫だと書きましたが、注意点として黒であっても光沢のあるものはNGとなります。派手な時計やカフスボタンも身につけないようにしましょう。このように葬儀の身なりにはいくつか決まりがなるので非常識にならないようによく理解しておくことが求められます。

葬儀参列の身なりについて

葬儀や告別式に参列する時の身なりは、の場合は、基本的にブラックフォーマルが一般的です。通夜のときには、暗めの服装でもOKなのは、急な訃報に駆けつける急な事態からです。葬儀の場合は、余裕を持って参列するというのが常識です。最近は斎場で喪服をレンタルすることもできます。しかし、普段から冠婚葬祭に通用するフォーマルウェアと靴、バッグなどを用意しておくと良いでしょう。靴は、金具がないもの、ストッキングは黒、アクセサリーなどもフォーマルウエアに合うものを一式揃えておくことです。体型に合わせて、時々はサイズ合わせをしておくと慌てずに済みます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved