葬儀でのお焼香は

葬儀でのお焼香について

緊張する葬儀でのお焼香

葬儀に参列した際、故人との最後のお別れをする最後の瞬間が焼香を上げる時と言えます。受付を終え列に並び順番を待ちます、ご導師のお経の後、もしくはお経中に遺族親族から焼香が始まります。一般参列者は基本的に遺族親族の後です。待っている間は祭壇上に飾られている故人の写真に向かって思い出話を語りかけたり、感謝の気持ちを投げかけたりします。いよいよ自分の番となります。まず、遺族とご導師に一礼、故人の写真に合掌、一礼、3本指で抹香をつまみ、指をこするようにして香炉に落としていきます。これを1から3回行います。最後に合掌をして、遺族に向かい一礼をして会場を後にします。葬儀の際に唯一故人と対面できるときです、しっかりとやりたいものです。

葬儀に参列した時の焼香の仕方

葬儀に参列する際焼香をしなければいけませんが、その焼香にもやり方があります。葬儀社の人から促されたら前に出て行って行います。その際に右手の親指・中指・人差し指でつかみ額の高さまで上げて指をこすりながら香炉に落とします。ほとんどの宗派ではその動作を三回繰り返しますが、宗派によっては一回で終了する場合もあるので、分からない場合には事前にセレモニー会館などに確認しておく必要があります。最後に遺体やその宗派のご本尊に一礼したら終了となります。終了したら喪主や遺族に一礼する事も忘れてはいけない事になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved