葬儀での言葉のマナー

葬儀で避けるべき言葉とは

葬儀での忌み言葉は避ける

現在、葬儀ではあまり気にする人も少なくなりましたが、参列者の中で不吉なものを連想させる言葉を口にするのを避けてきました。受付などで耳にする言葉として、列者の話の中で、例えば、四は死に通じるとされており、弔事の場合にはこの忌み言葉は禁句になっています。また、重ね重ねやたびたびといったように繰り返す言葉も同様にタブーです。葬儀でも、人には誰しも、触れてほしくないことがあります。それが、身体的特徴であればなおさらです。他人の容貌などについて、口にしないのがマナーといえます。当事者にとっては何気ない話も、使い方によっては凶器にともなるのです。

葬儀参列の際の受付について

突然訪れる人間の死。身の回りの方の訃報に接し、あわてて葬儀会場に行くことは生きていくうえで幾度となく体験する出来事です。会場に到着して故人の写真、○○家の看板を確認して、葬儀社スタッフの誘導の元参列いたします。最近でこそ小さな身内だけの式が多くなりましたが、長蛇の列をなしている式もまれにあります。受付にたどりつくまでに、知った顔を見かけることもよくあります。数年来お会いできてなかった方との交流ができることもあります。これも、すべて故人の導きであるのではと考えてしまう瞬間であります。参列することがお悔やみになることはまちがいありません。

葬儀の参列での情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀で避けるべき言葉とは All rights reserved